サムシングブルー、四つのおまじない
サムシングブルー
オリジナルギフトと雑貨のアルカイック
ウェルカムボード
TOPページ
 
ご結婚への提案
ウエルカムボード
ガラスのウェルカムボード
鏡のウェルカムボード
似顔絵ウェルカムボード
ウェルカムボード制作例
※順番に掲載しております
お店の紹介
当店のこだわり
 彫刻の特徴
&Q&A
商品知識と選び方
テレビ等で
紹介されています
通信販売に基ずく表示
お問い合わせ
お気軽に
お問い合わせ下さい
 幸せの4つのおまじない 
   サムシングフォー  4つの何か(サムシング)
 マザーグースの詩の中にも歌い込まれており、4つの何か(Something)を
  花嫁が結婚式当日に身に着けていくと必ず幸せな生活が送れると詠い伝えられております。

 ・「サムシングブルー」何か青いもの
 ・「サムシングオールド」古いもの
 ・「サムシングニュー」新しいもの
 ・「サムシングボロー」借りたもの
 
 200年以上も前よりヨーロッパで語り継がれている、花嫁さんもゲストの方も幸せになれるというおまじないです。
 取り入れてみてはいかが。
 Something Blue (何か青いもの) サムシング・ブルー
「何か青いもの」 【花嫁の純潔の象徴】
青は「青い鳥」同様、幸を呼ぶ色と言われており、忠実・信頼を象徴とされる色でもあります。
さらに花嫁の純潔や貞操、清らかさを表します。
もともと青色は古代、女性の慎ましやかさや誠実な心を象徴し、欧米では聖母マリアのシンボルカラーとして知られています。
その青は人目に付かぬよう花嫁の身に付ける事とされており、ガーターに青のリボンを飾るのがポピュラーになっています。最近では、指輪の内側にブルーサファイヤを入れたり、ブーケの中にさりげなく青い花を入れたりしています。
 Something Old (何か古いもの) サムシング・オールド
「何か古いもの」 【祖先から受け継がれた幸せ、富みの象徴】
これから始まる生活の豊かさを願って、祖先から伝えられたものを受け継ぐという意味です。祖母や母のイヤリングやネックレスなどジュエリーが多いようです。
 Something New (何か新しいもの) サムシング・ニュー
「何か新しいもの」 【新生活における幸せの象徴】
これから始まる2人の真っ白な未来そのもの。新しい生活へ踏み出す大事な第一歩をあらわします。
幸せな毎日が過ごせますようにという願いを込め、 新しく用意したものをおろします。
ドレスやベールなどから下着や靴まで、挙式当日に新しく使用するものならば何でもOK。もちろんお化粧道具やハンカチなどを入れる小さなポーチなどでも花嫁らしくて良いですね。
 Something Borrow (何か借りもの) サムシング・ボローゥ
「何か借りたもの」 【経済的に豊かになるための隣人愛の象徴】
幸せな結婚生活を送っている友人などから、その幸運を分けてもらうという意味を表します。
それは家族だけではなく周囲の人々から愛されるというおまじないでもあるのです。
既に幸せな結婚をされている方が当時結婚式で使用した身の回り品、例えばベールや手袋、ハンカチなどを借りましょう。

4つのサムシンでこれから始まる新しい生活の幸せを願って下さい
 その他 1
1枚の6ペンス銀貨を、花嫁の左靴に入れておくと、経済的にも精神的にも満たされ、豊かで幸せな人生をもたらすというイギリスのおまじないがあります。

6ペンス銀貨は1551年から1967年まで製造されていましたが、現在では製造されておりません。なかなか入手の困難なせいか、日本ではあまり馴染みがありません。お金を踏むというと、何となくバチ当たりなイメージですが、ハッピーなおまじないですのでしてみてはいかがでしょう?
 その他 2
動物を扱ったジンクスもあります。
結婚式会場まで行く途中でハトや羊、黒い猫やクモに出会ったりすると幸せになれるといわれています。
あと結婚式の朝、花嫁の近くで猫(黒猫に限らず)がくしゃみすると幸せなるという話もあります。

猫はヴィーナスの代弁者とされており、さらに古代ではくしゃみがおめでたい挨拶とされてるので、猫がくしゃみをするという事は「女神が祝福している」という意味になり、幸せになるといわれております。
また結婚式後、花嫁がドレス・ベールを脱ぐ際に、すぐ手際よく全てのピンを取ると良い事が起こるという話もあります。
 
結婚式用ウェルカムボードは身近なアートです。 アートに興味のあるひとも無い人も実物を見たら感動!!
 ガラスに刻まれたオリジナルデザインは二人のサクセスストーリーの始まりを予感させます。


制作例を掲載しておりますのでご覧ください
ウエルカムボードへ 席 札 へ